短期的な外貨による資産運用

まずは短期的な視点による外貨両替を考えてみます。この場合、為替レートの変動による差益が期待できるところとなります。例えば、円とドルを例にとってみます。1ドル=100円という為替相場になっている時期に、日本円100万円をアメリカドルに両替すると、1万ドルとなります。為替レートがしばらくして、1ドル=110円になったとし、そのときに所有している1万ドルを日本円に替えるとします。すると110万円になるので、10万円が利益となる計算になります。また、外国株を購入するとなると、投資先の企業の情報などを逐一調べ、購入するかどうかの判断をしっかりとつけなければなりませんが、為替レートの場合はそういった下準備がほとんど必要なく、日々の為替レートの動向をチェックしていれば比較的簡単に行うことができます。

このような為替レートの差益を狙うFXのような短期的な外貨両替の場合、比較的幅が大きい相場変動をうまくつかめると大きなリターンが見込めます。しかし、その裏には大きなリスクもともなう可能性があるということは十分に考えておく必要があります。たとえば上に挙げた円とドルの為替レートの場合、当然1ドル=90円となってしまう場合もあり、喫緊に手元に日本円が必要でどうしても両替しなければならないとなると、逆に損をしてしまうことになることも十分考えられます。また、両替の際には手数料がかかる場合がほとんどとなりますので、為替レートの差益が、まるまる自分の手元に入ってくるというわけでもありません。短期的な外貨の運用は、このようにハイリスク・ハイリターンであると言う点を十分考慮した上で行う必要があるのです。