中長期的な外貨による資産運用

外貨による資産運営というと、FXのような日々変動する為替相場とにらめっこをし、両替による差益を狙うという短期的な方法に目が行きがちですが、それだけでなく日本円を日本の銀行に預金するという方法を、外貨に換えて資産運用をするという、中長期的な視点でも考えてみると良いかと思います。

少子高齢化の進展、慢性的な財政赤字といった日本の現状を考えると、今後金利の上昇はあまり期待できないと言われています。よって、日本円で預金していても資産が十分運用できるとはいえません。そこで、アメリカドルやユーロといった外貨に替えて預金するという方法がとても効果的になる場合があります

一般的に、海外の金利は日本の金利に比べると高く、外貨で預金をしているだけでも日本円で預金しているよりお得となる場合が多いとされています。また、中長期的な運用の場合、為替レートの変動は平準化されていくので、平均的なリターンは変動幅が小さくなるという点で、大きなリスクを伴わないというというところも長所として考えられます。さらに、長期的な運用を考えていても、途中で利益が確定した時点で短期的な運用に変更できることできる場合があります。

もちろん、中長期的に外貨を預金して資産運用する場合でも、為替レートのことは考えなければなりません。短期的ほどではないにしろ、預金したときより損を知ってしまっているという場合もあります。リスクが少ない分、戻ってくるリターンには過度な期待をかけることはできません。しかしこういったことを十分考慮した上で、外貨を預金するということは、リスク分散の点でも、より効率的な資産運用の点でも、今後必要となってくるのではないかと思います。